ユリカモメが帰る日

池の水も温む季節。

そろそろユリカモメが帰って行く時期です。

11月前後にシベリアからやってくる渡り鳥で

そんなに大きくないのに、あの距離を飛ぶとは、野生で生き抜く力強さを感じます。

 

2014.03.04 074

上野、不忍の池で3月初めに撮った写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユリカモメは、嘴と足が朱色で、羽は真っ白できれいな鳥です、

東京都民の鳥になっていて、隅田川や東京湾にたくさんいます。

 

2014.03.04 076

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥の飛ぶ姿は素晴らしい

わが家の飼い鳥は、おかめインコは80%位で飛ぶけど

ヨウムは歩くのみ、って好きで歩いてる訳じゃないので・・・許せ!マル!

 

急降下したり、旋回したり、うっとり見とれました。

 

2014.03.04 075

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オジサンがパンをあげてたので、群がってきました。

譲り合いの精神はここにはありません

2014.03.04 065

 

オシドリも一緒にいましたが、ケンカもせず、距離を置いて一緒に居ます。

2014.03.04 086

 

彼等が北に帰る日って、そんな風が吹くのかな?

さあ、今だ!という日。

不要なものは全て脱ぎ捨て、

木蓮が、桜が、満開のなか、春霞を後に翔んでいく、

その地に思いをはせて、

ひたすら、向こうへ、向こうへ、と飛ぶ鳥、

その翼にあるものは、

希望、とか幸せ、とかじゃシックリ来ない、

カモメのジョナサンでもない、

もっと鳥の本質的な部分で、大切な一点・・・・わかりませんがです。

 

 

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

にほんブログ村に参加しています。ポチッとしていただけたら嬉しいです

にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へ
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA